コールセンターの業務
効率化・質の向上なら

AI×コンタクトセンタ
VContact

AI×コンタクトセンター
Vcontactができること 

オペレーターの業務効率化

「自動FAQ表示」「自動帳票入力」「自動アンケート入力」などのオペレーターのサポート機能を搭載しています。
オペレーターの業務効率化を行う事で、コールセンターの抱える課題解決が可能です。

応対品質の向上

ダッシュボードから「通話数」「通話品質(発話速度/言い淀み率など)」「音声認識率」などがオペレータ単位で確認が可能になります。
コールセンターの状況を見える化する事で課題を発見し、解決する事で更なる応対品質向上が可能です。

お客様の声を分析

お客様との会話の中から成約・退会理由、要望・苦情などの情報を収集する事が可能です。また、収集した情報を一覧で確認する事ができコールセンター内のノウハウ共有や分析する事が可能です。

Vcontactが選ばれる理由

豊富な機能によりコールセンター業務の最適化を実現

標準機能の高度な音声認識や自動学習により、自然な自動応対が可能になることでオペレータの負担軽減や質の高い自動応対が可能になります。
さらに、コールセンター業務効率化に必要な機能も様々取り揃えていることで各企業様で最適なソリューションを提供できます。

自動テキスト化により業務時間75%カット

AIによる音声認識の文字起こしが自動で行われるため、各コールごとに毎回記載していた業務をカットすることができます。
さらに辞書登録により業界用語や社内用語など専門的な言葉も音声で認識してテキスト化をすることが可能になります。

テキスト化からデータ分析まで実現

AIオペレータによる自動応答や各オペレータの応答データをAIがデータとして集め、自動分析を致します。
それらのデータにより更なるコールセンター業務の向上やお客様データの蓄積が実現可能になります。

コールマップ機能による管理者の負担減

VContactではコールマップを作成する事ができます。
コールマップではオペレーターの会話状況が確認できるほか、オペレーターの通話ステータス(待機中・通話中・長時間通話中・NGワード発話)の確認が可能です。

オペレーターの会話内容の一覧表示

管理者はオペレーターの会話内容を一覧で確認する事ができます。
通話内容を確認する画面では、「通常の通話」「NGワード発話」「長時間通話」「通話終了」のステータスを色付けして確認が可能です。

単語・文章の登録と音響チューニングによる音声認識率の向上

専門用語・独自用語・製品名などを学習させる事で音声認識率の向上が可能になります。
VContactでは、単語・文章登録ができるほか、音響学習も可能となります。チューニングを外部に委託するのではなく、ご自身でチューニングが可能なためランニングコスト削減が可能です。

AIによる自然な会話で様々な応対業務が実現可能

導入企業一例

システムを比較・検討中のお客様へ

製品資料やお見積、デモ依頼までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

℡:050-3159-6294
※AIオペレータが対応致します